治療中の歯科医師
What's New
目次

歯科の治療技術の進歩は日進月歩です。
それとともに、歯科医の治療活動も多岐にわたるようになっているようです。
少し前までは、歯の治療と言えば予約して歯科医に通院するのが普通だったのですが、今では自宅まで歯科医が来て治療を行ってくれる訪問歯科などが人気を集めているのです。
この訪問歯科のおかげで、病気などによって自宅で寝たきりになっている人や外出もままならない高齢者なども気軽に歯の治療を受けられるようになり、歯科医の存在は社会的にも見直されてきて、その立場も向上させているということです。

歯磨きの指導を受ける人また、日本では虫歯の治療や入れ歯を作るときなど、必要になったとき以外はあまり訪れることがないのが歯科医院だったのですが、最近では、予防歯科というものが注目されてきて、美容院に通うような感覚で歯科医院に通う人も増えてきているとか。
予防歯科においては、歯科医は通院患者に対して虫歯にならないよう、普段から歯を丈夫にするための歯ブラシの正しい使い方をはじめとする歯磨きの方法を指導したりして日頃からセルフケアできるようにアドバイスをします。
また、歯周病にならないように定期的に歯石の除去をしたり歯の状態をチェックするなど、治療そのものも行います。

さらには、コミュニケーションをとる機会の多い現代人のため、口臭予防に効果的なデンタルリンスの方法を案内するなど、歯だけでなく口の中全体のことに多くの人が関心を持つよう活動の幅を広げているのです。
歯磨きやうがいといったことは日常の行動なので、ちょっと意識するだけで健康増進に役立てることができるはず。
歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルリンス商品の選び方からその使い方など、多くの人が自己流でやっているのが現状ですが、そこに歯科医は適切なアドバイスを送ることで社会全体の健康増進に寄与していると言えるでしょう。
最近では、歯科医院はコンビニと同じくらいの数があると言われ、その競争の激化が指摘されています。
意識を高めていないと競争で生き残れないなどとも言われ、歯科医師は進化を余儀なくされています。

しかし、それゆえに歯科技術やサービスの質は向上してきているのです。
少し前までは、歯が抜け落ちれば総入れ歯などで対応するしかないと思われていましたが、今では顎の骨に人工の土台を数本埋め込んで、そこを支点にして本来の自分の歯と変わらない歯を作り出す技術などもできています。
それで、食事の楽しさが増して、健康増進に繋がっているということも言えるのです。
ただし、多くの歯科医師がいると、最新技術の名前だけを追っているような歯科医もいることは確かです。
患者側も医師を見る確かな目を持たなければなりません。
日進月歩の歯科技術を追求して、確かな成果を患者に提供してくれる歯科医を見つければ、丈夫な歯で豊かな食生活を送ることができるようになり、ひいては自分の健康に結びつけることができます。

インプラントの手術は即日完了

虫歯に苦しむ女性虫歯や歯周病が原因で、歯の痛みに苦しむのと同時に、食事をするのにも不自由をしている人はかなりいると思われます。
そんな苦痛から解放されようと歯の治療に臨んでも、虫歯の箇所の痛み止めをしたり食べ残しなどが詰まらないように埋め物をしたり、また被せ物をしたりして、治療には何日もの日数を要してしまいます。
そして、治療期間はしばらく思うように食事ができなくなってしまいます。

もし、虫歯や歯周病が酷くなってしまい、すぐに抜歯するしかないような場合も、抜歯した後のことも考えると、差し歯や入れ歯を作るのが最適な処理となるので、引き続きクリニックに通うことになります。
結局、歯の治療ではかなり治療期間がかかるのを覚悟する必要があります。
虫歯や歯周病が原因で歯が抜け落ちたところに新たな自分の歯を作り出すという最新の歯科治療がありますが、この治療法の中には、一日で治療のすべてが終わり、そのまま当日に食事までできてしまうという画期的なものがあります。
この治療法は、まず顎の骨に人工の土台を埋め込んで、そこに新しい歯を被せて一生使える自分の歯とするというものです。
虫歯や歯周病が原因で歯の根元が侵されて抜歯したところに人工の土台を埋め込もうとした場合は、少し前までは治療に数ヶ月ほどがかかっていました。
治療技術の進歩のおかげで、歯の根元まで侵食されていなければ、抜歯と仮歯の装着が一日の治療でできるようになったのです。
一日で治療が終わり、しかも当日に食事までできるので、何ヶ月も通う必要のないことから、遠くからでも治療を受けようと多くの人が通っています。
この治療の人気の秘密は、入れ歯と違って自分の歯とほぼ変わりなくなるため、自分の歯で噛んで食事をしているという感覚が味わえるというところにあるようです。

インプラント治療の流れ

治療では、まず抜歯が行われ、続いて人工土台の埋め込み手術が行われます。
手術は麻酔をかけて行われるので痛みはありません。
埋め込み手術のあとはしばらく休憩を挟んで、次に仮歯の装着が行われます。
時間にすると、約5~8時間ほどとされています。
この治療を行うには、歯科医にもかなり高度の治療技術が要求されます。
そのため、安全性の高い一流の治療を行っている歯科医は限られてくると言われています。
そこで、患者側もきちんとセルフケアできるようになるのと同時に安全に正しい治療を行ってくれる歯科医を見つけるようにしなければなりません。
もちろん、それは最終的に自分の健康に関わってくるからです。