治療中の歯科医師
未分類

ジルコニア製がすごい!今のインプラント治療

インプラント治療で使われる主な素材には金属とセラミックの2つがあり、現在、金属によるものが主流になっています。
金属の中でも最も多く使われているのがチタン素材であり、大きな特徴に、軽量、高い強度、防錆があります。
チタンのメリットは骨との密着度が高い点があり、馴染みやすいことや結合性の高さからスムーズに治療を進めることができます。
また、強度はもちろんのことチタン自体の値段も安いことがあります。
一方、金属アレルギーの面から治療できないケースがあり、長年使用することで金属が溶け出し、歯茎が黒くなるというデメリットがあります。

セラミックが使われた食器セラミックは鉱石の一種で、身近なものとしては陶磁器や包丁、医療分野においては人工関節などに使われています。
非常に高い強度があり、近年は減少傾向にあるものの高い人気となっています。
セラミックの最大のメリットは審美性の高さがあり、汚れにくく、金属のように溶けだすこともありません。
また、金属アレルギーの人でも安心して使用することができます。
一方、強度はあるもののチタンよりは劣り3分の1程度といわれています。
また、骨との結合力が弱いというデメリットがあり、対応をしているクリニックが少ないのも難点になっています。

インプラント治療で、近年、人気が高まっているものに人工ダイアモンドとしても知られるジルコニアがあります。
ジルコニアはセラミックの一種であり、インプラント治療の他にも、差し歯やブリッジなどで使われています。
因みに人工ダイアモンドとしての扱いは宝飾品で行われており、宝飾品では単結晶構造による素材、歯科分野では多結晶構造のジルコニアが用いられます。

ジルコニアの最大の特徴は安定性の高さにあります。
骨との結合性、生体との親和性が抜群に高く、他の素材で見られる結合性が高くても親和性が低い、また、その逆といった弱点がありません。
金属アレルギーの心配が無く、金属が溶け出さないといった安全面の高さもあり、耐熱性や耐薬品性なども非常に安定していることから変色しにくいメリットがあります。
ジルコニアは歯垢がつきにくい素材です。
歯垢は歯周病の大きな原因になりますが、ジルコニアを使うことでそのリスクを下げることができます。

ジルコニアによるインプラント治療は様々なメリットがありますが難点もあり、まず、費用があります。
最新の治療法となるために材料や治療費がかかり、他の材料の場合に比べ高額です。
次に取り扱いクリニックが少ないことがあり、受ける際には相応の技術や実績を有していることが条件になります。

経験と実績を保証してくれるクリニックは大阪にあります。
淀屋橋でインプラント治療を受ければ最新の技術と設備で対応してくれるはずです。
人の多く住む街大阪、特に淀屋橋はオフィス街が近いので患者も数多くいます。
信頼のおけるクリニックでインプラント治療を受けてみましょう。