治療中の歯科医師
未分類

口元の美容には「ボトックス」

口元の美容として「ボトックス」による施術が注目を集めています。
薬剤を注射器で注入するだけの、手軽で身体への負担も少ない美容医療としても知られるボトックス、口元の場合にはどのような美容効果を得られるのでしょうか。
この治療ではボツリヌス菌という菌から作られた注入剤を、筋肉部分に注入するという施術を行うのが特徴です。
ボツリヌス菌から作られた注入剤は、筋肉の動きを抑制するという作用があります。

口元にシワができているという場合、筋肉の動きのクセによって皮膚が折りたたまれているケースも少なくありません。
筋肉が原因のシワの場合、ボトックスでの治療が有効です。
筋肉の動きを弱める効果があるので、シワを軽減する作用が期待できます。
シワだけでなくたるみの改善にも有効です。

ダイエットをしても二重あごだけは改善されなかった・・・という方にもボトックス治療はおすすめです。
二重あごは脂肪がついているだけでなく、筋肉が要因となっているケースもあります。
筋肉が張っている事で二重あごになっている場合、筋肉に作用するボトックス治療を行えばスッキリとしたあごのラインを作る事が可能です。
ボトックス治療はアンチエイジング目的で受ける施術というイメージがありますが、実は小顔になりたいという方にもおすすめとなっています。

顔が大きいと感じる場合、エラ部分の筋肉が過剰に発達しているケースも少なくないようです。
エラ部分にある咬筋という筋肉が大きくなると、その分顔が大きく見えてしまいます。
小顔になるためには咬筋を小さくする対策が必要です。
ダイエットだとエラ部分の筋肉だけを、ピンポイントで小さくするという事はできません。

ボトックス注射であればエラ部分にある咬筋を、ピンポイントで小さくできるので小顔効果が期待できます。
筋肉が発達していて顔が大きく見えてしまうという方に、とても有効な治療法です。
注射で口元のコンプレックスを解消できる施術には、ヒアルロン酸を注入するという方法もあります。
ヒアルロン酸注入の場合、シワの改善には効果的です。
ですが筋肉に作用するわけではないので、エラ部分に施術を行っても小顔効果は現れません。

また筋肉の動きによってできるシワ・たるみもヒアルロン酸注入だと施術を行っても、ほとんど効果は期待できないでしょう。
筋肉が要因で起こっている口元のコンプレックスを解消したいのであれば、ボトックスでの治療がおすすめです。