治療中の歯科医師
未分類

歯のホワイトニングだけではなく、歯茎も美しく!

美容に関心のある女性は多いですが、歯の美しさを求める人も増えています。
歯は加齢や食事などにより徐々に歯が黄ばむなど、ある程度着色汚れが起こるのは仕方のないことですが、ホワイトニング治療によって歯を白くすることで見た目のコンプレックスを解消することもできます。

ホワイトニング治療には、歯科医で行うオフィスホワイトニングと自宅でもできるホームホワイトニングがあります。
オフィスホワイトニングで使用される薬剤は、過酸化水素を主成分としたものが使用され、これが歯を白くする漂白剤成分となっています。
過酸化水素から生まれる酵素が歯のエナメル質に浸透し、漂白されることで歯が白くなります。
高濃度であれば危険な過酸化水素水ですが、35%以下の濃度となっており安全な薬剤となっていますし、歯以外の部分には触れないよう細心の注意を払って治療が行われます。
唇や歯茎に付着するとただれてしまうため、施術前にはマスキングが施されます。
またホームホワイトニングで使用される薬剤は、過酸化尿素を成分としているものが一般的です。
過酸化尿素は使用する際に過酸化水素に分解されるため、漂白剤成分としては歯科医で使用するのと同じものとなります。
濃度は過酸化水素に換算すると3%程度のものとなり、安全性は確かといえます。

歯のホワイトニングをする人が多いのは東京や大阪などの人が多い地域になります。
人と接する機会が多い街や地域は見た目を気にする人が多いのです。
東京や大阪で歯を綺麗にホワイトニングすることはもはや常識となりつつあります。

最近では歯のホワイトニングにとどまらず、歯茎も美しくする治療が注目されています。
ガムリーピングという治療になります。
例えば笑った時に歯茎が黒ずんでいる、健康なピンク色の歯茎にしたいと思うことはないでしょうか。
ガムリーピングは、歯茎に沈着してしまった色素を薬やレーザーなどで取り除く治療です。
この治療を行うと、色素が沈着してしまった薄皮をはがしていくことができます。
治療回数を重ねることで、新たな歯茎ができてきれいなピンク色になっていくのです。
歯茎がきれいに見えることで、より歯も白く見える効果が得られるので、清潔感のある口元になります。

ガムピーリングの種類は、薬剤、レーザー、外科的手術があります。
薬剤は、エタノールやフェノールといった専用のものを用います。
歯茎に塗ると表面が白っぽくなり、それが数日後薄皮のように剥がれます。
何回か続けるときれいな色になります。
レーザーは、黒ずんだ部分に照射することで黒ずみを取り除きます。
表面に麻酔を塗るので痛みは少ないです。
取り扱いのない歯科医もあるので注意しましょう。
外科的手術によるピーリングでは、黒ずんだ歯茎を切り取ってきれいな粘膜にする治療になります。
このように、歯を白くするホワイトニングだけでなく、歯茎をきれいにするガムピーリングをすることでより魅力的な口元に仕上げることができます。